UK Border Agency のオンラインビザ申請ページ改定

2014.5.21

2013年11月19日より、UK Border Agency (英国ビザセンター)のオンラインビザ申請ページが改定されました。
(Visa4UK:https://www.visa4uk.fco.gov.uk/

英国ビザセンターでは、利用者の方よりサイトの使い易さを向上させるため、フィードバックを受け付けておりましたが、それらを反映した改定となり、以前よりセキュリティ面も向上しているそうです。

早速、主な変更点を確認したいと思います。
①ビザ質問項目の追加
②事前登録制によるセキュリティ対策
③多言語による申請解説機能の追加
※英語が苦手な方でも誤解した申告をしないように、日本語の翻訳が一部表示される事になります。

まだシステムが改定されたばかりですので、随時変更の追加が見込まれます。
今までも変更が多いイギリスビザではありましたが、充分注意が必要です。

※2014年YMS(通称:イギリスワーキングホリデービザ)もこちらの新しいシステムでのオンライン申請書作成が必要になります。

オンラインビザ申請ページが改定された事により、2014年イギリスワーキングホリデービザ(Tier5 YMS)のオンライン申請も今年までのオンライン申請と一部変更が出来ました。

はじめに申請者のアカウントを作成する事になりますが、その際にHelp Languageを日本語に設定する事で、日本語での解説が付いてきますので、英語が心配な方には今までよりも内容を確認して申告しやすくなりました。

一方、セキュリティ対策も今回の変更で充実しましたので、1月の抽選の際に当選したメールアドレスや電話番号も今回はオンライン申請の際にも入力が義務付けられています。

また、例年間違える方が多い箇所として、Select Visa Typeのセクションに気を付けましょう。

Reason for Visit ⇒ Workを選びます。
※Tier 5 YMS(通称イギリスワーキングホリデービザ)は就労ビザのカテゴリーに入ります。
Visa Type ⇒ PBS Tier 5 Youth Mobilityを選びます。
Visa Sub Type ⇒ Tier 5 (Youth Mobility) Migrantを選びます。

特に、Reason for VisitをStudyやVisitで選んでしまうと、全く違うビザの申請をする事になってしまいますので、十分注意するようにしましょう。

11月末もしくは12月上旬には2014年イギリスワーキングホリデーの募集要項が正式に発表される予定ですので、随時ご紹介して行きます。