2017年1月当選者の方へ イギリスワーキングホリデービザ申請の重要な期日について

2017.2.12

今年よりイギリスワーキングホリデービザ申請のルールが若干変更され、
沢山のご質問を連日頂いておりましたので、下記に重要な日程についてご案内させて頂きます。

① オンラインビザ申請書類の作成とビザ申請料金のお支払い期日2017年3月30日
※入国予定日は2017年9月30日まで選択が可能となります。
※2017年から渡航予定日の6ヶ月前からオンラインビザ申請の登録が可能となりました。
(例)2017年3月27日にお手続きをした場合、2017年9月27日の渡航予定日の設定が可能です。

② 新橋、大阪のビザ申請センターでの書類提出期日2017年6月28日
※オンライン申請書類は作成してから、120日以内にビザ申請センターでの書類提出が必要になります。
※オンラインにてビザ申請料金をお支払いしてから90日以内にビザ申請センターでの書類提出が必要になります。
※31歳になる前にビザ申請センターで書類提出が必要となります。

③ 2017年より1回目の抽選でビザに当選したものの、2017年9月30日までにどうしても渡航が出来なくなってしまった方を対象に、「Vignette Transfer」という制度が出来ました。

あくまで救済措置として2017年よりスタートしたものになりますので、一旦は2017年9月30日までの日程で渡航予定日を決定し、
オンラインビザ申請書類の作成とビザ申請料金のお支払いを3月30日までに行って頂きます。

その後、渡航予定日に実際には渡航できない状況になった方は、10月1日以降の渡航予定日で再度Transfer Visaを申請する事が出来ます。

(例)9月27日を渡航予定日としてビザ申請をしていた方 ⇒ 9月10日の時点で予定の渡航日でイギリスに入国できないと分かった場合、Transfer Visaを申請し12月10日まで渡航予定日を延期する事が可能です。

ただし、その場合には2年間のビザの有効期限は2017年9月27日~2019年9月27日までのものとなりますので、実際にイギリスに滞在できる期間は2017年12月1日~2019年9月10日までと短くなります。

今回、2017年度よりイギリスワーキングホリデービザ申請に関してルール改定があったため、複雑に感じられる方もいらっしゃると思いますが、シンプルに上記の重要な日程を確認して頂ければと思います。

アフィニティでは、イギリスワーキングホリデーのビザ申請サポートを承っています。まずは無料カウンセリングにてお気軽にご相談ください。