Edinburgh’s Telford College

エジンバラ・テルフォード・カレッジ 中身の濃い凝縮したプログラムが特徴

エジンバラはスコットランドの古都であり、大変魅力的な町です。その中心に程近いエジンバラ・テルフォード・カレッジでは、現在3つの建物が点在していますが、数年以内にはすべての校舎を統合した新キャンパスがオープンする予定です。フラワー・アレンジメントのコースでは、単にフラワー・アレンジをするだけではなく、植物学の理論やインテリア・デザイン、ファッションまでもカバーする内容となっているので、幅広い知識を得ることができます。また1年間でレベル2と3が取得できる中身の濃い凝縮したプログラムになっているのも特徴です。

都市
Edinburgh
全生徒数
約20,000人

町の中心から北西へバスで約20分、今回は3つ(North、South、West)のキャンパスのうちノースキャンパスを訪問しました。こちらから事前に依頼しておいたこともあり、芸術関係のクラスを中心に見せてもらいました。クリエティブ・アーツの中の1つ、フローリストリーのコースで日本人の女性に会いました。彼女のコースはフラワーアレンジをするのみではなく、植物学の理論やインテリア・デザイン、ファッションまでもカバーする内容となっているので、日本のフラワー専門学校とはまったくカリキュラムが異なるそうです。建物自体かなり古い感じはありましたが、設備(とくにメディアなど)はしっかりしているようで、コンピュータもMacが授業用とそれ以外で2部屋ありました。まもなくすべての学部を統合した新しいキャンパスが完成するそうで、数年後には学生寮も近くにできるそうです。生徒数2万4千人(パートタイムも含めて)のうち留学生は2%、さらに日本人は8人とのことで、非常にローカルな雰囲気で学べるところだと思いました。