Middlesex University

ミドルセックス大学 ロンドン北部にある国内で6番目に大きい国立大学

ロンドン中心から北にある、全体で2万5千人の学生が在学する国内でも6番目に大きな大学です。世界各国の大学250校と提携を組んでおり、また、1996年と1998年の2回にわたり、最も斬新で革新的な大学に与えられる、「クイーンズ・アインバーサリー賞」をロンドンの大学で初めて受賞しました。学生は専攻学科によって6つのメインキャンパスに振り分けられ、それぞれに学生サポート体制が整っています。アート&デザイン学部は2001年のTQA(教育の質の高さをはかる審査)では24ポイント中21ポイントを獲得しました。大学自体は、2004年度ガーディアン紙のランキングで19位と健闘しています。

都市
London
全生徒数
25,000人

ロンドン北部にいくつかのキャンパスが点在している規模の大きい大学ですが、今回訪問したのはピカデリー・ラインの終点近くオークウッド駅にある2つのキャンパスです。駅からは無料のスクールバスが出ているので、通学にはとても便利。

ロンドンの中心地から地下鉄でほんの30分なのに、風景はガラっと変わってまるで森の中を走り抜けていくような気分です。それもそのはず、学校の敷地内にはゴルフコースや2つの湖があり、5つのキャンパスの中では敷地面積が最大だそうです。アート&デザインのキャンパスには、インテリア・デザインと建築関係の美術館があり、一般にも開放されています。アート&デザインといえば、この大学はあのヴィヴィアン・ウエストウッドの母校ということで、さすがに設備もしっかりしています。

ロンドンの学校としてはめずらしく、一人ひとりにプライベートなスペースが与えられていて、共同で使用する煩わしさがないそうです。キャンパス内には学生寮があり、500人収容できるすべての部屋が個室でバス・トイレ付きになるよう改装中でした。