Tante Marie School of Cookery

タンテマリー・スクール・オブ・クッカリー 英国最古のプロフェッショナル・クッキングスクール

1954年創立、英国で一番古くからある私立のプロフェッショナル・クッキングスクールです。ロンドンから列車で25分のサリー州ウォーキングという町の、閑静な住宅地に位置しており、落ち着いた雰囲気の中で英国の暮らしを体験できます。学校から鉄道の駅までは徒歩15分程度、ロンドンやその他の地方へアクセスするにも便利です。ワーキングの町の中心にはショッピングセンターや屋内スポーツセンター、劇場、映画館などがあり、余暇を過ごすにも快適な環境といえます。設備の整った5つのキッチン、レクチャールーム、デモンストレーションルームなどが備わっており、1クラスの生徒数などもおさえてきめ細やかな指導ができるようにしています。

都市
Woking
全生徒数
約80人(日本人学生3~5人)

校舎は緑豊かな森の間にある、一見高級なお屋敷のような建物ですが、白い壁とパステルカラーのドアや飾り文字の表記が大変かわいらしく、とてもリラックスできる環境です。学生は皆おそろいのユニフォームを着用していて、若干女生徒が多い感じです。実習室に更衣室、講義室、そして手入れされたお庭にはハーブが植えてありました。ちょうど実習が始まったので見学していると、日本人の女生徒がいました。話しかけてみると、「英語がなかなか理解できなくて大変なんです」と忙しい手を動かしながらお話して下さいました。それでも温めたチョコレートで飾りを作るその手際は抜群で、思わず見とれてしまいました。廊下の掲示板には学校が休み中の季節アルバイトのチラシが貼ってあり、春・夏はヨットやクルーズのキッチンで、冬はフレンチ・アルプスなどスキー場のホテルでの募集も目に付きました。(日本人はビザの問題があるので、難しいかもしれませんが。。。)