長期留学で趣味と英語力アップどちらも叶えた充実の休学プラン

地方都市ブリストルでの長期語学留学
お名前
Y.N.さん
留学先
ブリストル
学校
English Language Centre Bristol
期間
9か月

photo-by-y-n%e3%81%95%e3%82%93

なぜこの留学先を選びましたか?

もともと英語を学ぶなら本場である英国で学びたかったこと、過去に訪れたことがあって安心感があったこと、なにより、英国自体への興味があったので。
ブリストルを選択した理由は、ロンドン以外のそこそこの大都市、という選択肢の中から選んだまでですが、結果的に良い判断だったと思います。

留学してみて新たに発見した習慣や文化はありますか?

色々ありましたが、思い出せる範囲では
・洗濯機はキッチンにあるものである。
・食器洗いはシンクにお湯をためて洗う。洗剤はすすがない。
・ナイフとフォークの使い方は案外自由である。
・イギリス人が紅茶を飲みまくるのは事実だが、案外適当に作る。
・家庭で飲むコーヒーはインスタントが基本。カフェでも平気でインスタント出されることがある。
・英国の鉄道は、噂に聞くよりずっといいものだった。
などです。

学校はどうでしたか?

学校名:English Language Centre Bristol
コース名:General English (Pre-Advance)

学校の評価

クラスの雰囲気:満足
教師の質:満足
コース内容:満足
学校の設備:ふつう
周りの環境:やや満足
スタッフの対応:満足
総評:満足

1クラスあたりの生徒数:11人〜15人
1クラスの日本人の割合:最小で15人中1人、最大15~17人中4人
参加してよかったアクティビティ:インターナショナルフードパーティー

滞在先について

滞在先:ホームステイ
通学方法:バス
通学時間:11分〜20分

周りの環境:満足
設備:やや満足
通学路:やや不満
ファミリーの対応:満足
総評:満足

滞在先/ホストファミリーとの思い出

ホストファミリーとしての経験が非常に長い家庭で、留学生の扱いに慣れていて、しかしながら十分に親切だったので、非常に良い家庭だった。特に夕飯が出来る限りホストマザーの手料理でかつ、家族一緒に食べてくれるので、英会話の機会を得ることが出来た点は非常に良かった。また、過剰に干渉されることも無かったので、プライバシーであったり、自分の時間を十分に確保出来たという点も良かった。

留学前に不安に思っていたことは?

ホストファミリーとうまくやっていけるか。本当に英語力を身につけることが出来るのか。今まで親元を離れたことがなかったので、自活能力が足りるのか。

留学して身についた力を教えてください

英語能力は全般的に身についたものが多いのは確かです。出国前でTOEIC580点だった私ですが、最終的に800点を英国滞在中に取ることが出来ました。しかしながら、短期留学や日本での英語学習では見えることの無かった、実生活の為の英語を必要とされ、どんどん今まで見えてなかった英語の世界が広がってきた為に、正直に言うと英語能力は明らかに上がったけど、「私は英語が喋れるぞ!」と言う自信は少々失いました。その分、今ある英語力を失いたくない、もっと英語を学びたい、という気持ちが大きくなったので、これからも継続的に英語に触れていきたいと思います。

留学中の一番の思い出

私の趣味は鉄道写真の撮影なのですが、帰国の前日に現地で知り合った英国の鉄道写真趣味の方々と一日同行して、憧れの撮影地、シャップ峠で蒸気機関車を撮影したことです。ずっと憧れていた撮影地い行けたこと、趣味を分かち合える現地の人と行動を共にする楽しさは非常に素晴らしいものでしたが、反面、どうしても専門的な会話の内容、また北部の方だったので訛のある英語で喋る方々であったので、相手の言ってることが分からない、自分の伝えたいことが伝えられない悔しさを感じて、もっと英語力を身に着けたいと感じました。

学校以外や週末の過ごし方

週末の大半は鉄道写真の撮影をやっていました。文字通り英国中を旅して周り、様々な風景の中を走る美しい英国の鉄道車両を撮影できて、大変幸せでした。また、日本人がめったに行かないような土地にあちこち行ったことで、また違った角度の英国の生活の様子を垣間見ることが出来ました。

1ヶ月の生活費はどのくらいでしたか?(食費/交通費/通信費/交際費・・・)

£400

写真1へのコメント

帰国前日に、シャップ峠にて撮影した写真

写真2へのコメント

イギリス滞在中に乗車した鉄道のチケット

写真3へのコメント

私が撮影してイギリスの雑誌に掲載された写真(Today’s Railway UK 12月号)

アフィニティのサポート満足度

満足