ロンドンとオックスフォードで11ヶ月の留学

ロンドンとオックスフォードで11ヶ月の留学
お名前
M.Rさん
留学先
ロンドン、オックスフォード
学校
Regent London, Regent Oxford, Wimbledon School of English, EC London 30+
期間
11ヶ月間

なぜこの留学先を選びましたか?

West Endミュージカルをいつでも観られる環境で勉強したかったこと、ロンドンは音楽文化がさかんであること、また、ヨーロッパの雰囲気が昔から好きだったためです。

留学してみて新たに発見した習慣や文化はありますか?

ロンドンは多民族が共存する地域であることは知識としてはありましたが、実生活においてその割合の多さ、そこから来る英語の発音の多様性、生活習慣の違いは、自分がいかに単一民族の中で守られた、狭い世界の中で生きて来たかということを自覚させてくれました。世界のニュースや政治的問題を肌で実感できる環境で、グローバルな視点で物事を見ていく目を養えたと思います。また、仕事だけで1日終わるのではなく、必ずプライベートの時間をしっかり確保するLondonerたちの姿勢に学ぶ事は多く、自分のこれからの生き方について大の考え方に大きな影響を受けました。そして、ロンドンは確かに雨が多く基本天気が悪かったですが、そのぶん、夏の素晴らしさは格別でした。

印象に残った授業内容/学習方法は?

Regent Oxfordでの授業内容及び学習システムが素晴らしかったです。生徒それぞれに個別ファイルが作成され、毎週15分の先生のコーチング記録、Monthlyテスト結果などが目で見てわかるよう工夫されていました。入学時、卒業時にそれぞれ簡単なインタビューの動画撮影があり、その動画記録を卒業時DVDで貰い、自分の成長を確かめられるようになっていました。在学中はPlenaryと呼ばれる毎朝のプレゼンの機会があり、15分自由に、自分の好きな題材で、生徒全員の前で講演したりして大変勉強になりました。

滞在先/ホストファミリーとの思い出を教えてください。

ホームステイを3度経験しました。1度目のロンドンでのホームステイ7週間は非常にホストマザーによくしていただき、大きな問題なく過ごせました。2度目はオックスフォード滞在の最初、1週間。ここは細かいルールが厳しい家庭で窮屈に感じ、学校に相談しステイ先を変えてもらいました。変えてもらったホームステイ先が3度目で、この家庭に6週間滞在しました。このご家庭との出逢いは最高の出逢いとなり、その後、オックスフォードからロンドンへ戻って以降も、クリスマスパーティーに呼んでいただいたり、帰国直前に泊まりに行かせてもらったりしました。

留学前に不安に思っていたことは?

イギリスのホームステイはあまりいい評判を聞いたことがなかったので、ホームステイが不安でした。また、金銭面で、生活にどれくらいお金がかかってくるのか不安でした。

留学して身についた力を教えてください。

柔軟な対応力。人間力。たくましさ!
ロンドンは日本に比べると不便に感じることが本当に多かったですが、その不便さの中であまり多くを求めすぎない、必要最低限で構わない、という感覚が身に付きました。差別を受けるようなことも含め、生活習慣も食事も言葉も全く異なる場所で生活していくことは想像を超える大変さがありましたが、その経験自体が特別で、日本にいては得られなかった、どんな環境でもしっかり生きていく、生活していく人間力が身に付いたと思います。

留学生へのアドバイス/どんな留学を勧めますか?

長期の留学になるとモチベーション維持に本当に苦労しました。自分の目的をどうしても見失いがちになり、孤独な思いも沢山経験しますので、やはりその留学で自分がやりたいこと、得たいものをしっかりと明確にしておくことが大事だと感じました。逆に、短期の留学ならば、そこまで深刻に思い詰める必要もなく、留学できる条件が揃うならば、もと身軽に、気軽に、どんどんやった方がいいと思いました。行ってみなければわからないこと、住んでみなければ得られない感覚、そこでしか得られない情報は本当に沢山あります。

アフィニティにひとこと

留学前、他者エージェントで困っていた所からみごとに救っていただき、その後の対応の早さ、確実さ、そして数々の不安を解消して下さった中里さんのお人柄、心から感謝しております。一番の不安であったビザ取得も、サポートしていただけたからこそで、今でもイギリスのビザはサポートなしには無理だと感じております。今はネットだけでもエージェントの利用は可能ですが、やはり、face to faceの心強さと暖かさを実感できる今回のアフィニティさんとのお付き合いでした。本当にありがとうございました。